資格ってもっていますか?

保育士の資格を取得するためには、保育士試験に合格するか指定保育脂溶性施設で所定の課程や科目を履修するかのどちらかです。
保育士の働く職場といえば保育所や児童福祉施設となります。
現在では待機児童の問題が取り上げられていますから、政府も地方自治体も保育所を増設しつつあります。
そのため保育士の需要も増えてきているといえるでしょう。
保育所が増えれば保育士が必要となるというのは言うまでもないことでしょう。
保育士が働く職場としては、まず認可保育所というものがあります。
その他には認可外保育所や病院内の保育施設、乳児院、自動養護施設など、色々なところがあります。
正社員として働いていている場合もありますが、非正規雇用として働いている場合も多いようです。
保育士が不足しているということは現実的に起こっていることですが、保育士が不足している理由としては保育所が増えてきているという事に加えて、他の業種に保育士が流出していると言えるでしょう。
他業種とは、例えば美容院などがあります。
美容院の託児所に子供を預けるという事があると思いますが、このような託児所には保育士がいる場合が多いようです。
このように、本来なら保育所で働くための資格でありながら保育所以外でも需要がある資格であると言えるでしょう。
なお、過去には「保母」という名称でしたが、男性も働くことが増えてきたために、一時期は「保父」という非公式な言葉が使われましたが、現在では保育士という言葉に統一されています。
LECキャンペーンを狙え!【割引クーポンで激安】